松山神仏具店 → お取り扱い商品 → 仏具

三具足・五具足

仏具

仏壇は、御本尊、御位牌を安置し、仏具により美しく整えることによりてはじめて仏壇となります。御本尊や御先祖様を供養するために仏具が必要となるのです。

では、仏具はどのようなものが必要なのでしょうか。最低限必要な三具足、あるいは五具足といわれるものは、「花立・香炉・ローソク立」です。線香は仏様を供養し自らの不浄な心身を清めるためのもの、お花は仏様のお慈悲を象徴するもの、灯明は仏様の智恵を象徴するものです。これらは御仏壇を祀る、あるいはお参りする際になくてはならないもので、そのための具足もまた非常に大切なお道具なのです。

三具足は、向って左側に花立、中央に香炉、右側にロ−ソク立の仏具を配置します。 五具足は、左右の外側に花立を2つ、その内側にロ−ソク立を2つ、そして中央に香炉を1つ配置します。三具足、五具足はどちらという決まりはなく、好みや御仏壇の大きさなどによってお選びいただいて結構です。

→仏具通信販売ページへ

 


通信販売メニュー

熊本市店舗紹介メニュー

その他